ヴィッツにロードバイクを積載しました

椿ヶ鼻ヒルクライムの話の続き。
今回はレンタカー借りて、ロードバイク含めた荷物を乗っけていきました。
7月17日に一度下見を兼ねて載っけてみた結果、
難なく入れられたのでヴィッツにしました。

燃費が20km前後とよかったのもポイントですかね。
結構峠道走ったんですけどねー

車内汚すのはNGなので新聞紙を敷きました。
後部座席は倒すだけ、段差ができます。
なのでハンドルが下の段になるように、後ろ向きに入れました。

後輪を外さなくてもすっぽり入ったのがグッド。
助手席のシートを少し立てないといけないですが、一応座れます。
後輪外さなくなった結果、チェーンはどこにも接触しないので
何も対策しませんでした。
b0088341_22470909.jpeg

b0088341_22470992.jpg
b0088341_22471005.jpg
後部座席の足元にシューズやフロアポンプ、汚れ物を置き、
着替えやヘルメットは後部のハンドル付近に。
財布など手元に置いておきたいものは助手席に置きました。

あってよかったのはフロアポンプ。
駐車中に車内温度が上がって、タイヤがパンクするのは避けたいので
空気を抜いてました。
で、走る直前に空気を入れました。
携帯ポンプは非力すぎますからね。

反省点は、念のためチェーンオイルを持って行ったんですが、
スプレータイプだったこと。
暑くなれば破裂→車炎上の危険性が・・・

持って来たリュックサックの奥深くに入れたりして
なるべく急上昇しないように気をつけましたが、
そもそも、スプレータイプは持って行ったらダメですね。

[PR]
by anthrax092 | 2017-08-07 23:03 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://koharu06.exblog.jp/tb/27036558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 感情のあるキャプチャ認証 今更ですが、椿ヶ鼻ヒルクライム... >>