【シューズ】Bont Vapor インプレ その1

履いて600km走りました。
今まで使用していたシマノのSH-R086WEとの比較も交えて
インプレをすこしずつ書いていきます。

■フィーリング・熱成型について
購入当初は足の内側が靴擦れしてました。
元々、自分の足は左足の内側が少し出ているので
その点がシューズと合っていませんでした。

↓赤丸の部分。ムサい足ですいませんm(_ _)m
b0088341_064837.jpg



その後、両足とも2回ずつドライヤーで部分的に熱成型をして広げた結果、
ほとんど気にならなくなりました。
靴擦れも起きていません。
それ以外の足の部分は問題なくピッタリなので、熱成型は今後行わないつもりです。

↓1回目の熱成型後。左足の内側を温めた後に履いて広げてみました。
b0088341_084997.jpg



足への疲労の蓄積具合は、鈍感なので前のシューズとの違いが正直わかりません。
それほど1日通して履き倒してないからかもしれません。
ただ、あまり気にしてもしょうがないかも。


■歩行に関して
ずばり歩きにくいです(^^;)
ソールが硬いのは他のシューズも同じかもしれませんが
Vayporはソール部分がサイドまで作られているのと
アッパーもそれなりの硬さなので、しなり具合がほとんどありません。

サイクリング途中で歩くことが多い、という人には
向かないと思います。


■軽さ
SH-R086WEは(サイズ40で)公称のペア重量が569g、
Vayporは(サイズ不明)公称でペア重量が480gです。
が、違いは感じません。
階段の登り降りで歩く時に、若干軽い気がするくらいです。


■通気
シューズ前方に小さい通気穴がいくつかあります。

↓写真青丸部分。つま先の上と黒色のサイド部分に通気孔・通気弁。
b0088341_015891.jpg

今のところ、蒸れたり暑くなったりということはありません。
この点は今後夏場に履いてみてどうなるか、しばらく様子を見ることにします。


■ペダリングについて
いいです(^o^)
今まで、どちらかというと母子球から先の部分に
力が入っていましたが、母子球より少し後ろ部分、
足首に近いところでもトルクがかかっている感じがします。

足全体がシューズにフィットしているので引き足が改善されたように思います。
SH-R086Wは指まわりなどで空間があったり、前後に余裕があったので
引き足は足の一部で行っている感じでした。

また、ダンシングが自然に行えるようになりました。
シューズが上げるほうの足全体をしっかり受け止めてくれるので
変な力みがかなり減りました。
本人の技術不足だったりもしますが、まるでシューズに教えてもらったみたいです。


■その他
あまりにもピッタリなサイズを選んだのもあるのでしょうが、
爪先部分に余裕のある空間が少ないため、親指と人差し指をねじって
ちょっとしたストレッチ”もどき”ができないです。
例えるなら、剣道のお面をかぶった後に顔を掻きたくなるような状態。
なので、200km前後のロングライドでは、まだ使用を控えると思います。


■今後について
結構な出費なのであまりシューズに負担をかけたくはないです。
なので歩くことが少ない場面で履こうかと思います。

逆に行き先で歩く事が多い場合は、元々履いてたシューズを履くつもりです。
[PR]
by anthrax092 | 2012-06-01 12:35 | インプレッション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://koharu06.exblog.jp/tb/18363163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< iTire Pressure 防府・大平山へ >>